2007年03月29日

フリーザ

フリーザ

フリーザは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及びアニメ『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』に登場する架空のキャラクター。アニメでの声優は中尾隆聖。

漫画での初登場は其之二百四十七「暗雲うずまくナメック星」、アニメでは『ドラゴンボールZ』第44話「あらたな強敵! 宇宙の帝王フリーザ」。名前の由来は冷凍庫を英訳したフリーザー。

父にコルド大王(後述)、兄にクウラ(劇場版『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』、次作『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』に登場)、息子にクリーザ(ネコマジンZに登場)がいる。

登場時、宇宙最強の存在(独裁主義者)として描かれ、数多くの部下を持ち、環境の良い星の生命体を絶滅させ他の異星人に売り飛ばす「星の地上げ」などの悪事を行っていた宇宙人。

普段は底の見えない落ち着いた物腰であり、圧倒的な余裕からか、部下に対しても丁寧語を使う。怒ると言動が乱暴になるが、自分の実力に絶対の自信を持っているため、相手に余裕を見せる態度は変わらない。

絶対的な力を持ち、多くの部下を持った帝王然としたキャラクター。生命をなんとも思っておらず、大量虐殺を繰り返し、部下も平気で捨て、星を爆破することを「花火」と呼び狂喜乱舞して楽しむ性格。本人は人には優しくしてると言っている。「宇宙最強」であることにこだわり、どんな手を使っても自分より強いものを排除しようとする姿勢などから、しばしば、マンガ・アニメにおける「悪」の代名詞、カリスマとして扱われる。また、数々の名台詞を残し、読者の少年たちが頻繁に模倣する光景も多々見られた。

非常に悪役として登場するも、人気がある。

形態
フリーザの一族には4つの形態があり、サイヤ人やザーボンの一族のように変身することによってパワーアップすることができる。それぞれの形態で身長は120cm〜180cmくらい。フリーザ個人は一人称や口調までがらりと変わるが、アニメでは中尾が演じ分けていた。

第1形態
パワーを抑えて普通に生活できる形態。サイヤ人以上に少数民族で、その個体数が少ないと言われるフリーザら一族の基本形態と思われる。それでもフリーザ自身の戦闘能力はMAXで53万。小柄な体躯、短い円錐型の黒い2本の角、穏やかで貴族風の口ぶりなどが特徴。一人称は「わたし」で、激昂すると口調こそ変わるが一人称は変わらない。フリーザ自身も飛行可能だが、移動時はパワー消費を抑えるためか専用の乗り物で移動する。
第2形態
第1変身形態とも呼ばれる。父親のコルドに似た大きな体躯で、角が伸び曲がっており、口ぶりも粗野になり一人称も「オレ」になる。この状態になると戦闘力のコントロールも出来るようになる。戦闘力は推定120万程度。ちなみにこの形態になる前に、戦闘ジャケットを不必要と判断して破壊する。
第3形態
第2変身形態とも呼ばれる。パワー・スピードがさらに向上し、精神的にも落ち着きを取り戻した形態。言葉遣いも穏やかに戻る。他の形態では肩は丸いが、この形態になると戦闘ジャケットのように尖る。頭部はエクレア状に後ろに伸び、最も不気味な容姿になる(映画『エイリアン』シリーズにおけるエイリアンの様な姿)。一人称は「わたし」。戦闘力は300万ほど。
第4形態(最終形態)
第3変身形態とも。最終変身だが、これがフリーザ個人の本来の姿でもあり、4形態中最もヒューマノイドタイプに近い。外見は角や殻など余計な器官が全て取り除かれたすっきりとしたもので、体躯も小柄になる。この一族の先祖は皆この形態だったが、進化の過程で無駄なパワー消費を抑える為に、カラダに様々な器官を付けることで防御機能を持ったという説がある。変身時には、変身以前に切れた尻尾の再生をも伴い無傷の姿となる(第2形態から第3形態になった際は切れた尻尾は再生されなかった)。
精神的には最も落ち着いた状態で、言葉遣いは子供っぽいものとなる。一人称は「ボク」が基本であるが自身が逆上した場合は「オレ」になる。ただし、アニメ版や劇場版で登場する時は最終形態でも敬語を使っている。戦闘力は500万。50%で6000万。
100%フルパワー
フルパワーフリーザとも呼ばれる。最終形態から筋肉を増大させ、すべての力を発揮した姿。一人称は「オレ」。超サイヤ人に変身した悟空を押すほどの戦闘力を秘めるが、エネルギーの消耗が著しくなり戦闘力は徐々に低下していく。この時点で戦闘力は1億2000万。
メカフリーザ
孫悟空との戦いで身体の大部分を失ったため、それを機械で補完した姿。悟空との戦いの時よりも更にパワーアップしているとの設定。だが、トランクスにあっという間に斬殺された(その時は父親のコルドも一緒だった)。戦闘力は2億。

フリーザ
posted by 悟空 at 04:22| ドラゴンボール キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔人ブウ

魔人ブウ

魔人ブウ(まじん-)は鳥山明の漫画『ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメに登場する架空のキャラクター。アニメの声優は塩屋浩三。

初登場は原作では其之四百六十「魔人ブウ出現か!?」、アニメでは『ドラゴンボールZ』第231話「解けた封印!出る凶悪魔人ブウ!!」。

かつて魔道士・ビビディによって作り出された魔人。作られた当初のブウは純粋な破壊本能のみの存在だったが、界王神達を吸収する事によって知性を身に付けるようになった。

触覚からの光線で人間を菓子等に変えることができ、またわずかでも肉片が残っていれば復活できるほどの強い再生能力を備えている(1度ベジータが自爆に巻き込んで粉々にすることでブウを倒そうとしたが、難なく再生した)。また、この肉片は千切って武器にする事も可能。さらに再生時にダメージも回復してしまうため、倒すには細胞レベルで完全に消滅させてしまうしかない。ただし、ブウ同士の戦闘ではダメージを受けるようである。

相手の技を1度見ただけですぐに自分のものにできるほどの高い学習能力を持っており、孫悟空のかめはめ波やキビト界王神の瞬間移動などの技をものにしている。

当初はバビディの命令によって、その後反抗して殺害した後は自分の意志で暴れまわっていた。悪の概念は無く、純粋に「遊び」として人を殺す行為を楽しんでいる。

菓子類が大好きで、人を殺す際にはチョコレートや飴玉などに変えて食べることが多い。

その後悪のブウとなり(最終的に界王神吸収前の状態に戻る)地球を破壊するが、界王神界で悟空に倒された。その際吐き出した心の優しいブウ(善)はミスターブウと名乗りサタンと同居する。

必殺技
変化光線
相手を自分の好きな物に変える光線。お菓子だけでなく、粘土や卵、トイレに変える事も可能。
お菓子に限ればゲームではおやつ光線と呼ばれる時もある。
お菓子の場合、通俗上知られている普通のお菓子に変わる場合と、光線を浴びたキャラクターを象ったお菓子(作中ではダーブラなど)になる場合がある。
相手との実力に差があり過ぎる場合、姿を変えても強さは変わらず、(ベジット以外も飴玉などの姿で会話、及び舞空術ができるかは不明)「世界一強いお菓子」になってしまう。
アングリーエクスプロージョン
名前はゲームより。相手への怒りを込め広範囲に渡って大爆発を起こす技。ブウボムとも呼ばれる。なお、原作では「おまえなんかきらいだーっ!」と叫んでいたが、ゲームによっては「きらいだ」が「消えちゃえ」になっているのものもある。
イノセンスキャノン/フレイムシャワーブレス
名前はゲームより。口からエネルギーを吹き出す技。家を作る場所の確保の為「お掃除」のために使った技。
吸収
分離した肉片(切断された体の一部)を使って相手を包み込み、自身に取り込む。ゴテンクスや悟飯などの戦士を取り込んだが、ベジットはバリヤーで防ぎ、吸収を免れている。
かめはめ波
悟空と初めて交戦した際、見切って習得した。
魔空包囲弾
悟空と初めて交戦した際に使った。本来ピッコロの技のはずであるが、悟空は「ベジータの技だ」と言っていた。
瞬間移動
地球破壊の直前でキビト界王神が悟空達を連れて脱出した際、見切って習得した。原作ではすぐに界王神界に移動してきたが、アニメでは周囲の星や大界王星を襲撃した後、気を上げた悟空達を察知して界王神界に移動してきた。
スーパーゴーストカミカゼアタック
吸収したゴテンクスの技。ベジットに使うが、先にエネルギー弾を撃たれ爆発する。Z266話では悟飯に使い「スーパーブウカミカゼアタック」と称した。またオバケ自体もかめはめ波や魔閃光が使用可能になっている。
連続スーパードーナッツ
吸収したゴテンクスの技。悟飯に使い、動きを封じ込めかめはめ波を撃つが、当たる直前に破られ避けられる。
魔貫光殺砲
ピッコロの技。Z266話にて使用。悟飯を驚かせるが防御される。

魔人ブウ
posted by 悟空 at 04:19| ドラゴンボール キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッコロ

ピッコロ

ピッコロは漫画『ドラゴンボール』及びそれを原作とするアニメに登場するキャラクター。名前の由来は楽器のピッコロから。

同名のキャラクターが親と子の2人登場している。どちらも正確にはピッコロ大魔王を名乗っているが、この呼び名は親に対して使用されることが殆どであり、生まれ変わりであるその子供は単にピッコロと呼ぶことが多い。

ピッコロという名は彼の故郷ナメック星の言葉で「違う世界」という意味。

ピッコロ大魔王の必殺技
爆裂魔光砲(ばくれつまこうほう)
気を溜め、片手からエネルギー波を放つ技。キングキャッスル周辺を跡形もなく吹き飛ばした。威力は小型の核弾頭ほどと設定されている。
爆力魔波(ばくりきまは)
ピッコロ大魔王最高の技。息子のピッコロも使用が可能。全身に気を溜め、孫悟飯の魔閃光のような構えから強力なエネルギー波を放つ。
この他、目や口から怪光線を放っている。

ピッコロ
posted by 悟空 at 04:16| ドラゴンボール キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランクス

トランクス

トランクスは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及びそれを原作とするアニメに登場する、架空の人物。アニメでの声優は草尾毅(赤子時代のみ鶴ひろみが担当)

ブルマとベジータの息子であり、サイヤ人と地球人の混血。作中において、別次元の未来からやって来たトランクスと現代に住むトランクスが登場し、育ってきた環境の違いから(鳥山がインタビューの中で明言)性格が極端に異なっている。

どちらも、それぞれの単編における主要戦闘キャラクターの1人である(劇中でのストーリーにおいては多少の共通点があることが判明した)。

純粋なサイヤ人は黒髪しか生まれないため、黒髪ではないサイヤ人はハーフのトランクスが初である。

トランクス
posted by 悟空 at 04:14| ドラゴンボール キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セル

セル

セルは鳥山明の漫画『ドラゴンボール』およびアニメ『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』に登場する架空のキャラクター。アニメの声優は若本規夫。

初登場は原作では其之三百六十一「謎の怪物、ついに出現!!」、アニメでは『ドラゴンボールZ』第141話「かつてない敵に向けて・・・ 超ナメック人誕生!!」。

人造人間20号(ドクターゲロ)が開発したコンピュータにより、孫悟空ら武道の達人たちと数種の生物の様々な細胞を組み合わせて出来たバイオテクノロジーによる人造人間(主に挙げられているのが、孫悟空、ベジータ、ピッコロ、フリーザ親子、アニメではクリリンが天津飯の気も感じると発言)。

武道の達人たちの細胞が組み込まれているため、元になった達人たちの能力・技を全て使うことができる。ただしフリーザ親子を除き、悟空たちがナメック星に行く前までのデータしかないため、それ以降に悟空たちが習得した技(悟空の瞬間移動など)は使えない。

最初は虫のような状態らしく、孫悟飯たちがセルの脱皮した後の抜け殻を発見している。脱皮した後は背中から生えた尻尾を人間に刺し、生体エキスを吸い取って成長、パワーアップする。ただしロボットには通じず、人造人間16号からエネルギーを吸収しようとした際は失敗していた。尻尾の先は普段は針状に尖っており、普段は相手に突き刺してエキスを吸収するが、口を漏斗状に大きく拡げて相手を丸呑みにするなどある程度柔軟に変形させることができる。さらに人造人間17号・18号を吸収することで「完全体」になる。

現代の脱皮後の姿では17号・18号には敵わないらしい(そのため数え切れぬ人間のエキスを吸収してパワーアップした)が、未来の17号・18号には勝てる、というような言葉を洩らしていた。

完全体になり、外部から他者を吸収する必要が無くなった後は尻尾も短く退化したが、かつて吸収口だった部分から自らの分身である「セルジュニア」を生み出せるようになった。

ピッコロの細胞を含むため、身体の一部が残っている、または頭部の核が残っていれば、何度でも再生が可能(頭部の核については後述。始めはこの再生能力を失念していたため、ピッコロの腕の再生を見るまでは使っていなかった)。また、サイヤ人の悟空やベジータの細胞も含まれているため、瀕死状態から復活すれば大幅なパワーアップが起こる。スーパーサイヤ人に変身する事も可能(ただしセルには髪が無いため逆立つ金髪は見られない)。またフリーザ親子の細胞により宇宙空間を行動できる(アニメより)。

セル
posted by 悟空 at 04:12| ドラゴンボール キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。