2007年04月29日

ドラゴンボールのストーリー

ドラゴンボールのストーリー

七つ集めれば、どんな願いでも一つだけ叶えてくれる「神龍(シェンロン)」を呼び出すことができる、ドラゴンボール。
それに関わる、様々なファンタジー冒険物語。

孫悟空は地球育ちのサイヤ人で、サイヤ人名 カカロット。
本作品の主人公。

少年期は「秘宝を求めて旅する」という冒険の要素が強かった。『西遊記』をモチーフとしていたため、初期の構想では、孫悟空=孫悟空、ブルマ=三蔵法師、ウーロン=猪八戒、ヤムチャ=沙悟浄、牛魔王=牛魔王、チチ=羅刹女を悟空に合わせて娘にアレンジするなどして、ストーリーを進めようと考えられていた。

青年期以降になると、冒険漫画の枠にとらわれず、格闘の要素が前面に押し出されて、物語の中核であるべきドラゴンボールの出番は減少していき、その役目は死んだキャラをよみがえらせることが主となった。セル編以降も個性的なキャラを多数輩出し、多くの読者を魅了しつづけた。

登場するキャラクターにも人気が高く、高視聴率を得たアニメ。

ドラゴンボールのストーリー
posted by 悟空 at 04:01| ドラゴンボール ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。